近年、大型の軽自動車が人気で次々といろいろな車種が発表されています。
私の住む地域は道幅が狭く、一方通行地獄であり、運転が苦手な私はずっと軽自動車を愛用してきました。しかし結婚して子どもが生まれチャイルドシートが必要になると、さすがに軽自動車は狭く普通車への買い替えを検討しました。しかしちょうどそのころ発売されたダイハツのタントに試乗で乗ってみると、車内空間がとても広く軽とは思えないくらいでした。しかし軽自動車には違いないので小回りはきき、とても運転しやすいのです。普通車ではなくタントへを購入することに決めました。車の中にクッションやタオルを載せてもてもチャイルドシートをつけても狭いと感じることはなく、そして何より良かったのは車高がある車なので、車のシートの上に子どもが立つことができ、オムツ替えが車内でも楽々だったことです。さらに車内の床がフラットなので子どもがお菓子を食べこぼしても掃除も簡単でした。車内での子どものお世話が楽になり、ストレスも減りお出かけが楽しくなりました。専門店でわざわざ取り付けたカーオーディオで車内もノリノリです。そんな子育ての思い出がつまったタントも10年経ち、走行距離も5万を超え、そろそろ買い替えかと若干さみしく思っています。