夏場に車に乗っていると、とんでもなく暑いですよね。特に乗った瞬間なんかは、ムワっとした熱気が籠っていて、正にサウナ状態。でもまあ、エアコンをかければ十分快適な空間になるので、熱気自体はそれほど問題ではありません。問題なのは、日差しであります。うちは鎌ヶ谷からすぐのお店でカーフィルムをしましたが、それでも夏場の日差しは非常に強く、長時間浴び続ければ、シミやシワが大量に発生してしまいます。でね、そんなときにぜひとも活用したいのが、車用のカーテンであります。これを付けているのと、付けていないのとでは、夏場に浴びる紫外線量に大きな差が生じること他ならず、もっと直接的な表現を用いるならば、老化を早めるかどうかの境目でもあります。とはいうものの、運転席に取り付けるのはダメなようで、取り付けるならば、後部座席だけにとどめておきましょう。それだけでも十分、社内の温度上昇を抑えることが出来るでしょうし、同乗者のお肌を紫外線から守る、という意味においては大変有意義な事だと思います。