車のワイパーを自分で交換しようとする際には、あらかじめ次の2つの点を確認しておくようにしましょう。

1つ目はワイパーの長さです。基本的にワイパーは一台の車に2~3ヵ所設置されていますが、それぞれの箇所によって長さが異なっています。そのため、事前に交換したい箇所のワイパーの長さをメジャーなどでミリ単位まで測るようにしておきましょう。測った長さに自信がない場合は、取り外して現物をカーショップに持ち込んで店員さんに選んでもらうと確実です。

2つ目はフック部分の確認です。ワイパーを車に取り付けているフックは、「U字クリップ」と呼ばれるタイプが最も一般的ですが、古い車種だとネジで取り付けられているタイプもあります。また、輸入車の場合は特殊なフックの仕様になっている場合もあるので、自分の車がどのようなフック部分になっているかを確認しておきましょう。

不安であれば携帯のカメラ機能で撮影しておいて、その画像を店員さんに見てもらうのもおすすめです。

PR|船橋で評判のエンジンコーティングの気になる費用|